現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力

注意

こちらに掲載の商品は、実際の店舗と在庫を共有しています。『在庫ナシ』の表記が無くても売り切れている場合がございますので、何卒ご了承下さい。

※FOR SALE IN JAPAN ONLY.

販売は国内のみとさせていただきます 。
  • NEW
  • 残りわずか
商品コード: 4967834401532

ハセガワ 1/450 日本海軍 航空母艦 信濃

通常価格(税込): 6,048
販売価格(税込): 5,443
ポイント: 50 Pt
関連カテゴリ:

プラモデル > 艦船 > 1/450

本艦は当初、大和型戦艦の三番艦(110号艦)として1940年5月に横須賀工廠にて起工されました。
しかし、1942年6月のミッドウェ ー海戦で4隻の空母を失ったため、急遽、同年7月に空母への改装計画がまとめられ、1944年11月19日に重装甲の超大型空母「信 濃」として竣工しました。
当時は、10月のレイテ沖海戦で連合艦隊が壊滅、さらに竣工から数日後にはB-29による東京への爆撃が開始されるという過酷な状況でした。
最終艤装作業が残っていた信濃は、空襲からの難を逃れるために横須賀から内海西部に回航する途中でアメリカ潜水艦「アーチャー フィッシュ」に発見され、魚雷4本の直撃により、竣工から10日という短い生涯を閉じました。

キットは最新の資料を基に、信濃が実戦で運用されていた場合を想定し、多数の対空火器をフルに搭載した状態をモデル化しています。
少ない部品点数で細部のディテールを再現しつつ、組立易さを重視した「初心者に優しい本格スケールモデル」です。
船体は 左右分割式で、スライド金型によりビルジキールを一体で成形。
桁パーツを挟み込む構造を採用し、強度と確実な組み立てを実現 しています。
本艦の特徴のひとつである、コンクリート張りで仕上げられた大型飛行甲板は、1パーツで成形。島型艦橋や、傾斜した 煙突も精密に再現しています。
艦載機は搭載が予定されていた機体から選定し、零戦52型x2、天山x1、流星改x1、彩雲x1、紫電 改二x1の合計6機が付属。
紫電改二は機首に13mm機銃2挺を増設し、着艦フックを設けた艦載機型で、試作機のみが製造されました。1944年11月中旬の信濃公試運転の際には、その試作機が発着艦試験を行っています。
  • 数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

その他のオススメ商品

タミヤ 1/350 日本海軍戦艦 大和

販売価格(税込): 7,582 円

ハセガワ 1/450 日本海軍 戦艦 大和

販売価格(税込): 4,860 円