現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力

注意

こちらに掲載の商品は、実際の店舗と在庫を共有しています。『在庫ナシ』の表記が無くても売り切れている場合がございますので、何卒ご了承下さい。

※FOR SALE IN JAPAN ONLY.

販売は国内のみとさせていただきます 。
  • 残りわずか
商品コード: 56023

タミヤ 1/16 ラジオコントロールタンクシリーズ No.23 ドイツ駆逐戦車 ヤークトパンサー(後期型) フルオペレーションセット バンド02(26.995MHz)

通常価格(税込): 99,144
販売価格(税込): 99,144
ポイント: 918 Pt
関連カテゴリ:

ラジコン > 本体 > 戦車

【 ドイツの最強駆逐戦車を自在に操る 】 第二次大戦中にドイツが生み出した駆逐戦車の中でも、最優秀といわれたヤークトパンサーの1/16スケール電動ラジオコントロールタンク組み立てキットです。全長605mmのビッグスケールならではの重量感と精密なディテールが迫力。大きく傾斜した装甲板で構成された戦闘室に71口径8.8cm砲を搭載した精悍な姿を実感たっぷりにモデル化しました。前後進左右旋回をはじめ、砲身の上下左右の動きも制御でき、射撃時の砲身リコイルや車体反動も再現。加えて、エンジン音や主砲発射音などそれぞれの動きにサウンドが同調して実感を高めます。キットは4チャンネルプロポセットをはじめ7.2Vバッテリーや充電器なども付いたオールインワン。さらに、バトルシステム(別売)も装着でき、他の1/16RCタンクとの対戦も楽しめます。

走行性能 】  380モーターを2個セットした組み立て済みのギヤボックスをフロントに搭載し、十分なパワーで力強い走りを生み出します。2つのモーターを制御する2系統のFETスピードコントローラーを内蔵したDMDコントロールユニットT-03により、前後進、緩旋回、信地旋回、そして超信地旋回が可能。加えて、様々なアクションにサウンドを同調させるDMDマルチファンクションユニットMF-04を搭載して、始動、アイドリングから全開走行まで走りにあわせてエンジン音が変化します。


【 主砲発射 】 長砲身の主砲は仰角14度と俯角8度までの上下動と、左右それぞれ12度の動きをコントロールできます。しかも、キセノン管のフラッシュによる発射光とともに、迫力あふれる発射音がシンクロ。内部にセットされたリコイル用ギヤボックスにより、発射音とともに砲身がすばやく後座したのちにスムーズに戻る一連の動きも再現しました。さらに、走行ギヤボックスをコントロールすることにより、主砲発射の反動で車体が振動します。また、車体前方機銃も断続的な発射音と発射光が同調します。


【 ヤークトパンサーについて 】 1942年の夏、ドイツ陸軍はパンサーのシャーシを利用した重駆逐戦車の開発を決定。これが後に、第二次大戦中に開発された最良の陸戦兵器の一つと言われたヤークトパンサーです。当時最強の71口径8.8cm砲を搭載し、装甲厚は車体前面80mm、側面50mm。大きく傾斜させて避弾経始を高め、戦闘重量も45.5トンにおさえられていました。エンジンは700馬力のマイバッハ HL230P30を装備して最高速度55km/hの優れた機動力を発揮。火力、防御力、機動性をバランス良く備えた対戦車用防御兵器となったのです。1944年6月、第654重駆逐戦車大隊に配備された8輌がノルマンディー戦に初出動したのを皮切りに、アルデンヌ攻勢では5個重駆逐戦車大隊の装備する52輌が出撃して数多くの連合軍戦車を撃破するなど、各戦線で華々しい戦果を記録したのです。

【 基本スペック 】 ●全長605mm、全幅207mm、全高167mm、全備重量3740g。●71口径8.8cm砲は質感あるアルミ製。●メインシャーシやサスアーム、トーションバーなどは金属製、十分な強度を持たせました。●すべての動きにサウンドが同調。特にエンジン音は、フランス・ソミュール戦車博物館の協力により、ヤークトパンサーと同型のV12エンジンの鼓動をデジタル録音したものです。


【 別にお求めになるもの 】 ●送信機用単3形電池8本
  • 数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。