現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力

注意

こちらに掲載の商品は、実際の店舗と在庫を共有しています。『在庫ナシ』の表記が無くても売り切れている場合がございますので、何卒ご了承下さい。

※FOR SALE IN JAPAN ONLY.

販売は国内のみとさせていただきます 。
  • 残りわずか
商品コード: 04541799005723

DVD 2009 FIA F1世界選手権総集編 完全日本語版

通常価格(税込): 5,184
販売価格(税込): 5,184
ポイント: 48 Pt
関連カテゴリ:

DVD・書籍

ホンダF1の遺産、ブラウンGPの快進撃!! 2強、フェラーリ&マクラーレンの不振は、F1に新たな時代の到来を予感させた。 全ての始まりは、世界中に衝撃を与えたホンダのF1撤退発表からだった。 一時は開幕戦のグリッドに並ぶことさえ危ぶまれたそのチームは、開幕まで1か月を切った頃にようやくブラウンGPとしてスタートを迎えた。そんな逆境にも関わらず、ホンダの遺産と名将ロス・ブラウンの手腕によってチームのエース、ジェンソン・バトンは開幕7戦で6勝を挙げる快挙を成し遂げた。 レッドブルに移籍した、セバスチャン・ベッテルはその才能を開花させ、中盤以降必死にブラウンGPに食い下がるが、時すでに遅し、最終戦を残してブラウン GP、ジェンソン・バトンがダブルタイトルを決めた。 昨年度、熾烈なタイトル争いを繰り広げたフェラーリとマクラーレンの2強は、要所要所でその片鱗を見せるもタイトル争いには絡めず厳しいシーズンとなった。 2009年F1世界選手権は、KERSなど大幅なレギュレーション変更により、F1史上稀にみる大波乱を巻き起こし、新しい時代の幕開けを感じさせた。オフィシャル総集編ならではの独自映像で綴る2009年シーズン総集編にその全てが記される。
  • 数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。